パーネフラッタウ Pane Frattau レシピ

最終更新: 2020年10月15日

パーネカラザウは紀元前1800年にはすでに食べられていた記録がある歴史あるサルデーニャのパンです。サルーデニャ中部の羊飼いのための保存食であり、長期保存可能なパンです。パリパリという音がすることから別名 楽譜パン「carta da musica」とも呼ばれています。パーネフラッタウはサルデーニャのラザニャといわれる一品です。


材料(2人分)

パーネカラザウ ・・・・6枚(1/4カット)

トマト缶詰 ・・・・400g

ペコリーノチーズ・・・・60g

ブイヨン(野菜またはお肉)・・400mℓ なければ水でもよい

卵 ・・・・2個

ニンニク・・・1片

オリーブオイル・・・適量

塩・・・適量

酢・・・適量


作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとつぶしたニンニクを入れ、オイルに香り がついたらトマト缶を加える

  2. 約15分ほど弱火でにつめトマトソースが完成

  3. 次にフライパンにブイヨンをいれて温める

  4. 3にパーネカラザウを1枚づつ浸して柔らかくし、お皿に並べトマト ソースをぬり、チーズをかける

  5. 4の作業を3回繰り返し重ねる

  6. 酢を入れて沸騰したお湯の中でポーチドエッグをつくり、5に乗せて卵 を崩して召し上がれ!


このレシピのためのISOLACARAオンラインストアでのお買い物

組み合わせ



#サルデーニャ島 #イタリア料理 #レシピ #パーネフラッタウ #パーネカラザウ #トマト #ペコリーノチーズ #オリーブオイル


100回の閲覧0件のコメント