1800年代後半から続くのイタリアのオリーブオイル生産者

最終更新: 2020年4月19日

1800年代後半から3世代にわたりオリーブオイル生産をしているANTICA COMPAGNIA OLEARIA SARDA社は、サルデーニャ島(イタリア)でも特に古い生産者の1つです。

オリーブオイル生産者
アントニオ氏とISOLACARA代表

初代アントニオと彼の妻によって誕生したオリーブ園は、現在3代目アントニオに当初のままの情熱が受け継がれ、豊かな経験と丁寧な作業により素晴らしいエキストラバージンオリーブオイルが作り続けられています。

サルデーニャの大地が育んだ自然の恵みは、食通や専門家をも魅了しています。


最高級の品質を保つために大切なこと

  • 収穫後のオリーブの実を24時間以内に洗浄・粉砕・搾油します。

  • 収穫から抽出まで熱や水をいっさい加えていません。

  • 出荷までのすべての作業を生産者のもとで行います。


Camp del Rey (カンポ デル レイ)

500ml (ボザーナ種100%)

年間600本生産と貴重なオイルであり商品名の「王様の畑」という意味にふさわしくエレガントな装いと力強い味わいです。



サルデーニャ島北西部の海沿いの町アルゲーロは、古代よりオリーブオイルの生産が盛んな地域です。

土地特有の品種が多く栽培されるなか、温暖な気候と地中海からの涼しい潮風によって繁栄した土着品種ボザーナは、健康・美容効果が

高いポリフェノールを多く含み、強い香りと力強い味わいの個性的な品種です。


イタリア・サルデーニャ
イタリア・サルデーニャ州




Vecchia Las Tanas (ヴェッキア ラス タナス)

250ml/500ml(ボザーナ種100%)

苦みと辛みのバランスがよく海と山からなるサルデーニャ島産らしく

山の恵みにも海の恵みにもよく合います

※高品質食材を厳選し紹介するスローフード協会が発行するオリーブオイル版にて(2008年よりVecchia Las Tanas掲載)。





#イタリア #サルデーニャ #アルゲーロ #キストラバージンオリーブオイル #オリーブオイル

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示